2011年11月28日

mitosisの初歩

mitosisの初歩
G2→Mにまだまだ問題があるが、mitosisを少しやってから
再度調べたい。
mitosisの文献を読む最初の課題は段階の言葉である。
調べてもすぐ忘れる。言葉の意味をよく調べる。
prophase,metaphase,anaphase,telophase,interphaseとある。
interphaseはmitosis段階以外の総てで、G1,S,G2を含む。
metaphaseは染色体が中央に並ぶ時期だが、metaとは何か?
辞書には色々な意味がかいてあるがchange,amongが基本の
ようだ。ここの意味ではamong「中間」をとりたい。
高校化学教科書のベンゼン核でオルト、メタ、パラというのを
やる。パラは反対側で、metaは中間の意味だ。中間に並ぶ時期。
anaは離れるの意味。analyzeは分解して調べること。
中間にならんだ染色体が離れていく過程の時期。
telo=telで離れただが、telomereとtelophaseは両端にある。
この感覚に差があるのかは解からない。

活性化したCyclinB-Cdk1によりG2→M移行が起き、並んだ
染色体が左右に引かれM期が終わりの移行していく段階で
CyclinBがユビキチン化されて分解されて行くように、
M期の複雑な進行が次に移行するには常に、役目の終わった
物質を処理していく仕組みがあるようだ。
posted by ヘフティー at 19:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

G2→Mの整理のための下書き G2→Mの整理のための下書き

G2→Mの整理のための下書き
CDK1にcyclin B が付くとCAK(CDK-activating kinase)により
161番目のスレオニンがりん酸化される。
次に、Wee1により、Y15が、Myt1によりT14とY15がりん酸化される。
T14,Y15がりん酸化されると、G2→Mの進行が阻止される。
転写が終了していなかったり、転写ミスがあるとき、分裂を
阻止する仕組みである。
Wee1,Myt1の作用する段階でCDK1-cyclinB complexは細胞質から
核に移行するらしい。mitosisの初期に核膜の消失があるから
それに関係するかもしれない。後述。
転写が完了し移行準備が整うと、phosphataseであるCdc25に
よって、T14,Y15が除かれるとATP結合部位が現れ分裂が
開始される。
posted by ヘフティー at 23:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

CDK1=cdc22のT14,Y15のりん酸化の意味

1,
Mutations of p34cdc2 phosphorylation sites induce premature mitotic events in HeLa cells
: evidence for a double block to p34cdc2 kinase activation in vertebrates.
Krek W, Nigg EA.
EMBO J. 1991 Nov;10(11):3331-41.

2.
Differential phosphorylation of vertebrate p34cdc2 kinase
at the G1/S and G2/M transitions of the cell cycle
: identification of major phosphorylation sites.
Krek W, Nigg EA.
EMBO J. 1991 Feb;10(2):305-16.

1,
細胞回転のS期になると、T14,Y15,T161,S277が燐酸化される。
G2期になると、S277,T161はほぼ脱燐酸化され、T14,Y15だけに
なる。
T14,Y15はATP-binding siteにあり麟酸化はATP結合を阻止している。
これがはずされると、M期に入る。
2、
T14,Y15の部位が変異した動物を作った。
S期にDNA転写が終わらないうちに、check pointが働かないので
分裂期に入ってしまう。
M期に入ったことをHistone H1 kinaseを測って調べている
のだが、その意味はまだ未確認。
posted by ヘフティー at 11:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

Cdc25によるG2→Mの制御

ole for the PP2A/B56delta phosphatase in regulating 14-3-3 release
from Cdc25 to control mitosis.
Margolis SS, Kornbluth S.et al
Cell. 2006 Nov 17;127(4):759-73.

cell cycleのG2→Mの進行はCdc2/CyclinBが活性化すると移行するが
Cdc25が活性化されないと進行しない。
Cdc25の287番目のセリンが燐酸化され、更に14-3-3が付くとCdc25は
非活性型になる。
蛋白に燐酸を付け活性化するキナーゼは多くの基質毎に沢山ある。
それに対して、燐酸を取り除くphosphataseは種類が少ない。
補助する蛋白が基質を指定したりする。
この場合のphosphataseはPP2Aで,PPはprotein phosphataseで
B56deltaという蛋白がくっ付いて、協同ではたらく。
この論文はその時にkeratinが必要だと言っているのだが、
まだ追試確認の論文がない。

この論文は287番目のセリンの燐酸化の役目について述べて
いるのだが、他に14番目のスレオニンと15番目のチロジンの
燐酸化も大事な問題であるが、それとの関係が私には
未解明な問題。続きを読む
posted by ヘフティー at 19:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。