2012年02月20日

stem cell,niche,hub

stem cell,niche,hub
stem cell幹細胞が分裂して、元と同じ幹細胞ができる。
これを"self-renewal"とか "proliferation" という。
一方、勿論分化していく細胞もできる。"differentiation"
どちらの方向をとるか幹細胞を教育指導するものがある。
従来はmicroenvironmentと言っていた。
形態学的観察で、幹細胞を取り巻き、接触している細胞群が
みえ、hub cellと言う。ハブ空港のハブである。
ショウジョウバエの精巣や卵巣の幹細胞(GSC)germ stem cell
の周囲にはterminal filamentやcap cellやinner sheath cell他が
あり、教育組織を作っている。まとめてnicheニッチやニッチェと
言っている。ニッチ産業と同じ単語だがこの場合はすき間という
意味は無い。英英辞典では
a specialized area in a habitat,supplying the conditions
necessary for the existence of a living organism or
speciesとある。
その教育的指導に山のような論文があり、
培養で使う、胎児子牛血清のfibroblastic growth factorもその一つ。
JAK-STAT pathwayや
bone morphogenic protein(BMP)のhomologであるところの
decapentaplegic(Dpp)が代表的なもので今後勉強したい。
posted by ヘフティー at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。