2012年02月25日

山下由起子先生と幹細胞

1,
ニッチにおける幹細胞の非対称分裂のメカニズム
山下由起子
蛋白質 核酸 酵素Vol.51No.15(2006). 2306-2311
2,
ショウジョウバエ精子形成系における幹細胞非対称分裂のメカニズム
山下由起子
蛋白質核酸酵素 52(16), 2130-2135,2007
山下先生はスタンフォードからミシガン大学のstem cell研究所に
headとしてassistant profとして引き抜かれている。
欠点は年令が若すぎるだけのようだ。
ショウジョウバエのGSC(germ stem cell)はニッチであるHub細胞に
抱きかかえられる配置にある。
これを上下の位置関係にして考えると、ハブ細胞が上でGSCが
接触してぶらさがる。GSCが分裂期M期になった時、紡錘糸が垂直の
位置になる。M期以前の間期の時にGSCの中心体は核の上方に
ある。そこでGSCのS期に中心体も複製され二つになる。
元々の中心体mother centrosomeとdaughterが出来る。
motherはその位置に残り、daughterは核の反対側に移動する。
娘と母の中心体が染色体を引っ張って上下に細胞分裂が起こる。
上の母中心体を持つ細胞はハブ細胞に抱きかかえられたまま
なので、JAK-STAT経路で、ハブ細胞に教育され、stem cellになる。
下の細胞は教育がないので、細胞本来の分化にすすみ、精子形成に行く。
stem cellはマザコンらしい。
posted by ヘフティー at 12:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。