2017年01月14日

肺の非小細胞癌と小細胞癌の遺伝子による鑑別

Loss of YAP1 defines neuroendocrine differentiation of lung tumors.
Ito T, Matsubara D, Murakami Y.
Cancer Sci. 2016 Oct;107(10):1527-1538.

肺癌は非小細胞癌NSCLCと小細胞癌SCLCに分けられる。
大細胞癌LCNECといって大型だが小細胞癌のように神経内分泌機能が
あり分類があいまいなものもある。
現在まで細胞遺伝学的な検査でこれらを区別できるものはない。
YAP1遺伝子は細胞の大きさに影響する遺伝子main Hippo pathwayを
支配する遺伝子である。
非小細胞癌189の内YAP1の消失していたものは6例、3%
小細胞癌、41例中、YAP1の消失していたのは40例、98%
大細胞癌、30例中、YAP1の消失していたものは18例、60%
非小細胞癌と小細胞癌は大部分を区別でき、大細胞癌は両者の混在を
思わせる、従来の予測に一致する驚くべき結果が出た。
posted by ヘフティー at 15:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。